新しいビジネスを生み出すオフィスにも、
楽しさや、くつろぎを感じるスペースにも。

私たちは、空調設備設計・施工を通して
さまざまな空間での、快適な環境づくりを手がけています。

ちょっと気付かれないところに、私たちの価値があります。

ていねいに、快適をつくって40年余。扶桑冷熱工業

営業種目

現在空調設備の主流で、個別空調のできるパッケージ(エアコン)設置工事には 必要不可欠な冷媒配管工事が、当社の最も得意とする工事です。
この工事には重要な冷媒フロンの充填回収も積極的に行っております。
また冷媒配管工事を含め、空調設備工事(機器搬入、空調配管、 ダクト、保温、電気計装工事)の現場施工管理業務も行い、 計画現場調査から施工図作成、工程および現場管理を行い 空調設備に関する工事を広く手掛けてきました。
長年にわたる多くのパートナー企業との連携は、確かな技術と正確な業務の証明です。

announceimg

空調設備工事

冷媒配管工事

当社が一番得意とする工事で、現在主流の個別空調化が進む中、 空調設備工事の中では最もポピュラーな工事。 室内機と室外機を接続する配管工事です。

施工図作成CAD

BIM対応の3D設備CAD Rebro2015を使用し施工図を作成。精度が高く、現実に近い図面で現場での作業効率を高めます。

現場管理

設備工事を一括受注後に施工計画・施工図作成・予算管理・工程管理・安全管理という5つの項目をまとめる重要な仕事です。

機器メンテナンス

空調機器の経年劣化を遅らせるため、冷凍機・空調機等の空調機器のオーバーホール及び保守点検、機器の清掃等を行います。

その他付帯工事

空調配管、ダクト、機器搬入撤去、保温、計装工事に関しても 専門のパートナー業者と連携しており、一括して当社の管理で施工します。

電気工事

機器を動かすための重要な工事で、特に、当社はパッケージ更新の際の 動力盤、ブレーカー、配線の更新を電気工事の資格者が行います。

冷媒ガス回収

フロンガス回収業務。平成27年4月1日よりフロン排出抑制法が施行され、冷媒フロン類取扱技術者という資格制度ができました。当社は社員全員の資格取得しました。